カウンタ



  • チケットぴあ
  • キャラメルボックス公演情報
  • 格安航空券
  • ANA 楽パック
    楽天トラベル株式会社
  • JAL 日本航空
  • 宮s オフィシャルサイト

おすすめな
モノたち


  • SE7EN
    -Dangerman-

  • ジェジュン - I -

  • Mozart L'Opera Rock(OST)

  • Mr.Children -[(an imitation) blood orange]-

  • キム・ソンギュ -Another Me-

こんなん
読んでます

無料ブログはココログ

« あんぎょん~(めがね) | トップページ | 東方神起ライブクルージング »

ソウル ミュージック フェスティバル -全体編-

SE7EN目当てで行ったソウル ミュージック フェスティバルですが、SE7ENに関係ないところも、ちょこっと書いておきます~


6時開場、7時30分から新人公演、8時からSE7ENの公演、ということで、一応新人さんから見に行くつもりで、6時30分くらいに会場に着きました。実は、行きの地下鉄で疲れてちょっとウトウトしてたらひと駅(で、気づいたけれどドアが閉まって結局次の駅まで)乗り過ごしちゃいました・・・(^^;) 早めに動いててよかった!

場所は、ワールドカップ記念競技場っていうところのスタジアムから道路をへだてたところにあるイベント用広場みたいなところでした。一応「野外公演場」というものらしいです。
案内によると地下鉄の①の出口と書いてあったのですが、駅で見ると会場がある西門は出口④のほうにあって、ちょっと悩みましたが一応案内どおりに①から出てみました。やっぱりぐるりと競技場の周りをまわることになりましたが、なんとかそれらしき場所にたどりつくことができました。

近くの露天で、前回買ったのにすぐ失くしてしまったあのミニ7棒ストラップを売っていたのでリベンジ!! すっかり忘れていましたが、今回ソウルに来た大きな目的のひとつを果たしたような気分になりました(笑) 

会場に入ると、チケットもぎりに続いて、無料でコーン茶のペットボトルを渡され、協賛会社のサンプル品なども配布されていました。会場の中のブースにも、たぶんお茶とビールの配布場所があったと思うのですが、寒くて冷たいものを飲む気分にはなりませんでした・・・(^^;)

客席は、めずらしく全席指定で、プールサイドやカフェに置いてあるような感じの曲線ラインのプラスチック製の簡易椅子がぎっしりと並んでいました。私の席は、ステージ中央から伸びている花道の先端部分から10列目くらいな感じでしょうか。センター寄りだったので、花道に出てきてくれたときはかなり近いかも!?と期待を持たせてくれる席でした。
なんとなく、周辺の席の埋まりかたが遅かったので心配になったのですが、開演までにはだいたい埋まっている感じだったようです。(あとで聞いた話では、無料招待チケットも配られていたようで、販売チケット枠がセンター寄りのエリアになっていたのかも。SE7ENでさえも、韓国ではそれほど集客力がないのか・・・とまたしても実感。)

舞台のモニターには、ソウルミュージックフェスティバルに出演した面々のMV映像が延々と流されています。もちろん、SE7ENも!そしてトンバンやM(ミヌ)、ソン・ホヨンくんなども~♡

私たちが到着した時点ではまだほとんど人が座ってなくて、みんなSE7ENの出番まで来ないの?と思ったら、後ろのほうにある飲食スペースで腹ごしらえしているかたが多かったようです。私たちも、せっかくなのでテントでおでんとトッポッキを買って食べました。友達が買ったおでんはパック入りのを温めたもので、中身は主に練り物系。あと糸コンとか入ってましたが日本のようなバリエーションはないんですね。出汁は関西風?の薄めなものでした。

私が買ったトッポッキのほうは、その場で大なべで作ってくれています。途中で列を並びなおさせられて、お金を払わずに受け取っている人がいたので、よくわかんないなぁと思って隣にいた人に「これは無料ですか?」と聞いてみたら、あちらで先にお金を払うんです、と教えてくれました。並びなおして、3000ウォンを払ってなんとかトッポッキをゲット!

トック(餅)とお揚げさん風(だけど実は練り物と思われる)の物体、ネギ、そして卵が入ってました。茶色っぽい感じだったのであまり辛くないかなぁ~と思って頼んだら当たりで、少しピリ辛だけれど甘口で美味でした~(^^)
日が落ちてすっかり寒くなってきていたので、辛めの食べ物で温まってちょうどよかったです。

公演が始まる前に、SE7ENの私物のチャリティーオークションがありました。
衣装らしき真っ赤なチョッキ、白いパンツ、、、
このオークション、最初から日本人を意識していて、司会進行は日本語でも行われました。そのかいあってか、落札したのは日本人が多かったような雰囲気が・・・(単なる推測ですが)。現地のファンは若い子が多いですからね、なかなか何万円もの大金を出す余裕はなさそうです。日本のファンミなどだとあっという間に値が上がりそうですが、1000ウォンから始まって徐々に値が上がるような健康的な感じで進んでましたから。。。
最高50万ウォンっていうことで、最初の2つが25~35万ウォン程度で落札されましたが、最後の1つは、あっというまに50万ウォンで落札されたと思います。これは間違いなく、日本人でしょうね(^^;)


新人公演さんは、誰が登場するんだろう?と思いましたが、持ち時間30分だから1組かと思ったら3組も登場しました。期待のBIGBANGはやはりムリで(笑)、1組目はHipHop系の男の子2人組。高校生みたいな雰囲気で、BIGBANGと同年代くらいな感じでした。一生懸命客席をあおったりしてがんばってました。素朴な顔で、そこらへんの男の子みたいな感じですが、かわいい~(笑)

2組目はギターの男性と女性ボーカルのユニット。ポリスの見つめていたいをアレンジしたカバーを歌ったと思ったら今度はヘビメタ系のこれまた昔の洋楽ヒット曲のカバー。最後に歌ったバラードは演歌風・・・(--;)
歌自体はまあまあだったんですけれどね、路線がいまいちはっきりしない感じでした。

3組目は「IVcos」(フォーコス?と呼ぶみたいという男性4人組コーラスグループでした。開場にFC関係のようなブースもあって、赤丸上昇中といった様子でした。自己紹介のときに最後に挨拶した人が、いきなり「こんばんは」と話し始めたのでびっくりしたら、なんと彼は日本人のようでした。SG Wannabe+風の歌を歌ったかと思ったら、アイドル風に踊りながらポップな曲調の歌を歌ったりして、彼らも方向性がよくわからなかったのですが、歌はハーモニーもぴったりで声量もあって、正統派バラードなど、なかなかのものでした。全然知らなかったグループですが、今後がちょっと気になります。うまく売れるといいけど。
あ、そういえば、このグループのメンバーが挨拶をするときにSE7ENのことを「SE7EN先輩様(ソンベニム)」と呼んでいたのですが、それを聞いて私の周りにいた韓国人の女の子が、「ソンベニムだって!ソンベニム・・・!」とウケていました(^^)

新人さん達の舞台が終わるといよいよ客席のボルテージが上がります!
フェスティバルのタイトル映像のようなものが流れた後、「7」のロゴが画面に浮かび上がり、“Warning! Warning!”と「CRAZY」が始まりました★

-SE7EN編- へ続く...>

« あんぎょん~(めがね) | トップページ | 東方神起ライブクルージング »

ちょあへ~K-POP!」カテゴリの記事

♪SE7EN♪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25753/12496267

この記事へのトラックバック一覧です: ソウル ミュージック フェスティバル -全体編-:

« あんぎょん~(めがね) | トップページ | 東方神起ライブクルージング »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ